Takulog

YouTuberが発信する 旅行・ライフデザインブログ

東京都江戸東京博物館へ! 江戸・東京の歴史を体感しに行こう!【両国】

東京都江戸東京博物館

美術館・博物館ぶらり旅シリーズ 第1回 両国エリア

 

今回は東京都にある両国エリアから旅をスタートしてみることにしました。

下町の色が残りつつも、日々新しく生まれ変わり続けている街 東京都、両国。

 

近年では国内外問わず、インバウンド需要からも日本の歴史を色濃く体感出来る地として大人気となっています。

 

また、日本の伝統に触れられる美術館や博物館を巡ることで新たな学びを得ることができます。

 

f:id:urawazatrend:20190314022648j:plain

東京都江戸東京博物館

東京都江戸東京博物館

両国ならではの下町情緒を存分に感じられる博物館

 

交通アクセス

都営地下鉄大江戸線両国駅より徒歩1分 / JR総武線両国駅より徒歩3分

 

料金

一般600円ほか

 

営業時間

9:30~17:30 土曜9:30~19:30(入館は閉館30分前まで)

閉館日は月曜日(祝日の場合は開館し、翌日が閉館)

 

住所

墨田区横綱1-4-1 

 

TEL

03-3626-9974

 

f:id:urawazatrend:20190314022838j:plain

インバウンドでも大人気

江戸幕府の開府以来400年以上日本の首都として続く、江戸〜東京の歴史と文化を体感することの出来る博物館。

 

f:id:urawazatrend:20190314024611j:plain

日本橋 模型

展示は実物大で復元した日本橋をはじめ、江戸時代の芝居小屋や明治時代の新聞社屋などの大型模型、昭和の住宅の再現や生活用品の展示など、人々の暮らしを振り返る内容となっています。

日本橋五街道の基点となった橋で浮世絵にもよく描かれていますよね。

 

f:id:urawazatrend:20190314024430j:plain

千両箱コーナー

千両箱を持ち上げて重さを体感したり、だるま自転車の試乗などの体験コーナーも充実。

f:id:urawazatrend:20190314024748j:plain

だるま自転車

各時代の文化に直接触れることができます。

f:id:urawazatrend:20190314024910j:plain

新聞社

文明開化の音がする

1874年〜1893年まで東京で発行されていた「朝野新聞」の本社の復元展示風景

(新聞は明治を代表する新時代の文化でした。)

 

 

これら常設展示のほか、1階特別展示では定期的に特別展も開催されています。

f:id:urawazatrend:20190314025601j:plain

 

 

博物館に行ったら必ず立ち寄りたいのがミュージアムショップ。

 

博物館の1階と5階の2ヶ所にあります。

 

f:id:urawazatrend:20190314025846j:plain

ショップ

絵画、玩具、絵洋書、手ぬぐいなど豊富なグッズが売られていまいた。

また、東京や江戸に関する書籍も多数取り揃えられていますので

チェックしてみるとかなり楽しめます。

 

 

f:id:urawazatrend:20190314030150p:plain

公式キャラのギボちゃん

公式キャラのギボちゃん

 

日本橋の欄干の擬宝珠(ぎぼし)が由来とのこと…汗 

会えたらラッキーかもです。

 

 

館内を歩いていると自然とお腹が…

 

和食・甘味処 桜茶寮 

f:id:urawazatrend:20190314030852p:plain

桜茶寮

 

f:id:urawazatrend:20190314030853j:plain

 

江戸東京博物館の7階にあるカフェレストラン。

屈指の眺望と江戸の食文化をテーマにした食事や喫茶が楽しめます。

 

殿様弁当、姫弁当、侍弁当など各種弁当も。

f:id:urawazatrend:20190314031406j:plain

 

営業時間

平日11:00~18:00

土曜日11:00~20:00  

休業日 博物館に準じる

 

 

今回は両国エリア、東京都江戸東京博物館をぶらり旅してみました♪

 

 

 

ミシュランガイド東京2019

ミシュランガイド東京2019

 

 

 

www.sittetokusuru.com

 

るるぶ東京'19ちいサイズ (るるぶ情報版)

るるぶ東京'19ちいサイズ (るるぶ情報版)